Skip to content

日本相撲界の危機

日本相撲界を大きく揺るがすような横綱力士の暴力問題が話題となりました。場所中に起こった事件であったため、なかなか事情徴収ができなかったり、事件現場に居合わせた人達の話す内容がそれぞれに食い違いっていたりと、様々な相撲界の問題が明らかになっていきました。

相撲は日本の国技であって、もとは日本人しかも男性のみが土俵に上がれる神聖なものとされてきましたが、ここ数年のうちに日本相撲界は外国人力士に乗っ取られたと言ってよいほど、モンゴル人の力士に埋め尽くされてきました。

その日本独特の文化を象徴する国技である相撲界で、外国人力士たちが引き起こした問題を解決するのは並大抵のことではありません。いつまでたっても口を閉ざし、一体何が真実で何が起こったのかいまだに明らかにされない日本相撲界の将来が危ぶまれいます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です